ファッションコーディネートサービス  


● 実践!おしゃれのヒント ●
 
毎月第4日曜日”神奈川新聞”〈団塊びと〉のページで連載中の『実践!おしゃれのヒント』。
読者の方のお悩みにこたえ、お似合いになるスタイルをご提案です!
HPでは”毎月第1日曜日”(もしくは第5日曜日)にUPしていきます。
-
連載コラム『おしゃれのヒント』はこちらから。

 

 

19. 何を着ればいい? [2015.11.22掲載分]

= 包み込んで体の線をきれいに =

記事をクリックすると、大きくしてお読みいただけます。

_

● 今回のポイント ●

服だけでなく、バッグも体形と服の着丈に合わせて選ぶことが大切です。
写真のような丸みのあるデザインのワンピースを着るなら、小ぶりなものを。
大きいものだとボリュームが出すぎてしまいます。
服全体のバランスを考えながら、小物を合わせましょう。





 そごう 横浜店
 4Fコーディネートステーション
 TEL.045-465-5592

 

18. すっきり若々しく [2015.10.25掲載分]

= カジュアルに大人の落ち着き =

記事をクリックすると、大きくしてお読みいただけます。

_

● 今回のポイント ●

バッグと靴は同色にするとまとめやすくなります。そのときに意識したいのは素材。
素材を変えることでメリハリがつき、お洒落度が上がります。
今回はどちらもボルドですが、バッグはツヤのある表革で、パンプスはスウェード。
風合いを変えることで立体感が出ます。色の濃淡を付けるとなおいいですね。





 そごう 横浜店
 4Fコーディネートステーション
 TEL.045-465-5592

 

17. 色を楽しむ [2015.9.27掲載分]

= 同系でつなげてまとめる =

記事をクリックすると、大きくしてお読みいただけます。

_

● 今回のポイント ●

メガネは、かけている人の印象を大きく左右します。
今の流れに沿っていて、全体が引き締まるのは、フレームが小ぶりなタイプ。
さまざまな色やデザインのものがお店に並んでいます。
自分に似合うものを見つけるには、いろいろ試してみるのが一番。
気後れせず、いろいろ手に取って掛けてみましょう。
女性が素敵なアクセサリーを選ぶように、男性はちょっといいメガネを選んでみるのもいいですね。





 そごう 横浜店
 4Fコーディネートステーション
 TEL.045-465-5592

 

16. 2人で一緒に [2015.8.23掲載分]

= クラシカルに秋を迎える =

記事をクリックすると、大きくしてお読みいただけます。

 

15. 大人の「かわいい」 [2015.7.26掲載分]

= 甘さをきりっと引き締めて =

記事をクリックすると、大きくしてお読みいただけます。

_

● 今回のポイント ●

ヒールのある靴は苦手、でも履いてみたい…という方は、
サンダルから試してみるのがオススメです。
サンダルは足の甲を覆う部分が多いものや、厚底タイプなどもあり、
履きやすく、選びやすいデザインが多く出ています。
サンダルでヒールに慣れたら、パンプスなどにも挑戦してみましょう。







 そごう 横浜店
 4Fコーディネートステーション
 TEL.045-465-5592

 

14. 苦手を克服 [2015.6.28掲載分]

= 縦のラインで小柄でもしっくり =

記事をクリックすると、大きくしてお読みいただけます。

_

● 今回のポイント ●

冷房対策や日焼け防止で、暑い季節も大活躍のストール。
シルクレーヨンなど、柔らかく、落ち感のある素材が使いやすくておすすめです。
首に巻いて使うときは、ぎゅっと巻きすぎず首元をあけることを忘れずに。
柄と柄を合わせるときは、服の色とストールの一色を合わせるとまとまりが出ます。





 そごう 横浜店
 4Fコーディネートステーション
 TEL.045-465-5592

 

13. 薄着の季節に向けて [2015.5.24掲載分]

= 細身の悩みボリュームでカバー =

記事をクリックすると、大きくしてお読みいただけます。

● 今回のポイント ●

日よけとして、大きなつばの帽子をかぶることが多くなる季節です。
帽子は、かぶる部分(クラウン)の深さがポイント。人それぞれ、似合う深さが違うのです。
いろいろ試して自分に似合う深さを見つけましょう。
つばを上げるときは、真ん中ではなく斜め上にあげると、ちょっとした熟れ感が出ます。
髪の長い方は、左右どちらかの肩に髪をすべて寄せてかぶると、印象が軽くなりますよ。





 そごう 横浜店
 4Fコーディネートステーション
 TEL.045-465-5592

 

12. 休日カジュアル [2015.4.26掲載分]

= 春到来 男性も装い新しく =

記事をクリックすると、大きくしてお読みいただけます。

_

● 今回のポイント ●

ストール初心者の男性の方にはコンパクトなタイプがおすすめです。
今回はボーダーニットに柄物のストールを合わせましたが、
まずは服かストールの一方を無地に、もう一方を柄物にすると使いやすいです。
ストールだけが浮いてしまわないよう、まずは持っている服のトーンに合わせて選びましょう。
使い慣れてきたら、少し派手なものにも興味が出てくるかもしれませんね。





 そごう 横浜店
 4Fコーディネートステーション
 TEL.045-465-5592

 

11. ふっくらさんの装い [2015.3.22掲載分]

= サイズを吟味し すっきりと =

記事をクリックすると、大きくしてお読みいただけます。

● 今回のポイント ●

ふっくら体形の方は、襟があるシャツよりも、
カットソーのように襟元の高くないものの方がすっきり見えます。
シャツを着たい場合は、襟の高さが低めのものを選びましょう。
また、大きい襟は小顔効果があると思いがちですが、小さめの襟を選んだ方がすてきに見えます。
シャツの襟の形にも流行があります。手持ちのシャツを見直してみるのもいいかもしれませんね。





 そごう 横浜店
 4Fコーディネートステーション
 TEL.045-465-5592

 

10. すてきに変身! [2015.2.22掲載分]

= スカートで脚線をきれいに =

記事をクリックすると、大きくしてお読みいただけます。

____

● 今回のポイント ●

青系のワンピースに白いカーディガンという、全体に淡いトーンのコーディネート(AFTER1)。
こういうとき、靴はどんな色を選べばいいと思いますか?
白やベージュなど、淡い色も合わせやすいのですが、
そうすると印象がやさしくなり過ぎ、老けて見えてしまうことも。。
若々しい印象にするには、少し強めの色が入った靴を選びましょう。
同系色の濃い色のベルトをプラスするのもいいですね。





 そごう 横浜店
 4Fコーディネートステーション
 TEL.045-465-5592

 

9. ちょっとした およばれ [2015.1.25掲載分]

= 色を統一 素材や柄でめりはりを =

記事をクリックすると、大きくしてお読みいただけます。

__

● 今回のポイント ●

服を着た時に、相手の目にぱっと入るのはトップス。
ここにかっちりしたデザインの物を選ぶと、ボトムスがカジュアルでもきちんとした雰囲気になります。
あらたまった印象にするには、ヒールのある靴も必須です。
かかとの高い靴は苦手な方もいらっしゃるかもしれませんが、ヒールは3cm程度の高さでもいいのです。
それだけで自分の中でフォーマル感が増し、気持ちも変わります。





 そごう 横浜店
 4Fコーディネートステーション
 TEL.045-465-5592

 

8. 大人のカジュアル [2014.11.23掲載分]

= 足元を着崩して格好よく =

記事をクリックすると、大きくしてお読みいただけます。

_____

● 今回のポイント ●

全身をエレガントにまとめると、迫力が出過ぎてしまいます。
トップスでエレガントな要素を取り入れ、ボトムスや足元でカジュアルダウンさせ、
大人のカジュアルスタイルを作りましょう。
スカートの時は、少しボリュームのあるハードめな靴を合わせてみましょう。
スニーカーなどではなく、ヒールのあるタイプがおすすめです。
パンツの時は大振りなアクセサリーを合わせるのもいいですね。



 そごう 横浜店
 4Fコーディネートステーション
 TEL.045-465-5592

   

 

7. 小柄な人の着こなし [2014.10.26掲載分]

= 自分のバランスを見つける =

記事をクリックすると、大きくしてお読みいただけます。

__

● 今回のポイント ●

この季節は、暖かさを優先して服を選ぶ方も多いと思います。
ですが、年齢を重ねると首元が詰まった服が似合わなくなります。
寒いから…と首元が空いた服は敬遠しがちかもしれませんが、
ファーやスヌードを活用すると防寒とおしゃれを両立出来ます。
それでも寒いときは、貼るタイプの使い捨てカイロを背中などに使ってみるのもいい方法です。


 そごう 横浜店
 4Fコーディネートステーション
 TEL.045-465-5592

 

 

6. 二人でお出かけ [2014.9.28掲載分]

= 素材と柄物でカジュアル =

記事をクリックすると、大きくしてお読みいただけます。

_

● 今回のポイント ●

ほっそりした体型の人は、体にぴったり沿う服をきると線の細さが目立ってしまい、
オーバーサイズの物だと服に着られてしまいます。
トップスは、体型をカバーする程度の適度なゆとりがある物を選びましょう。
ボトムスも、今期流行のフレアスカートなど、ふんわりしたタイプの物を選ぶと、
女性らしい、やわらかい雰囲気になりますよ。


 そごう 横浜店
 4Fコーディネートステーション
 TEL.045-465-5592

   

=募集=
神奈川県在住の方で、この企画に参加してくれる方を募集しています!
お悩みにこたえ、お似合いになるスタイルをご提案いたします。
【住所・氏名・年齢・電話番号・身長・服と靴のサイズ・ファッションのお悩み】を明記の上、
ハガキかFAXでご応募ください。
-
〒231-8445 神奈川県神奈川新聞報道部・団塊びと 係---------FAX:045-227-0150

   

 

5. スマートカジュアル [2014.8.24掲載分]

=光沢感や透け感 素材を選ぶ=

記事をクリックすると、大きくしてお読みいただけます。

● 今回のポイント ●

背が高い方は、大きめのサイズを購入してしまうことが多いようです。
試着してみて少しでも違和感を持ったときは、
1つ下のサイズも一緒に試着してみてください。
気比べてみると、本当に似合うサイズがわかりますよ。


 そごう 横浜店
 4Fコーディネートステーション
 TEL.045-465-5592

  

 

4. 新しい色を探す [2014.7.27掲載分]

=夏から秋まで楽しめる=

記事をクリックすると、大きくしてお読みいただけます。

__

  

● 今回のポイント ●

髪の一部でも色が変わると、顔の雰囲気が変わります。髪全体が変わればなおさらです。
髪色の変化で服が似合わなくなったと感じたときは、
着たことのない色に挑戦してみるチャンスです。気になっていた色を試してみましょう。
そして、しばらくしたら、もともとお気に入りだった服ももう一度着てみてください。
自分自身の変化に慣れて、また似合うようになっているかもしれませんよ。



 そごう 横浜店
 4Fコーディネートステーション
 TEL.045-465-5592

   

 

3. 夏のワンピース [2014.6.22掲載分]

=かわいいにエレガントさをプラス=

記事をクリックすると、大きくしてお読みいただけます。

_

● 今回のポイント ●

かわいい雰囲気の服装が好きな方も多いと思います。
ただ、「かわいいだけ」のアイテムは、年齢を重ねた方の場合、
違和感が生まれ、おしゃれに見えないどころか、年上に見られてしまう事もあります。
アイテムを選ぶ時に気をつけることはもちろんですが、
かわいいアイテムをコーディネートに取り入れる場合、辛口のアイテムと合わせるようにしましょう。
例えば、花柄のトップスを着るなら、デニムのパンツや、
シャープなシルエットのタイトスカートと合わせると素敵にまとまりますよ。



 そごう 横浜店
 4Fコーディネートステーション
 TEL.045-465-5592

_

 

2. ジャケットスタイル [2014.5.25掲載分]

=堅すぎずきちんと装う=

記事をクリックすると、大きくしてお読みいただけます。

___

● 今回のポイント ●

今回選んだノーカラージャケットは、ウエストに切替がある、女性らしいペプラムデザインのもの。
大人の女性が着る場合、シンプルなデザインだと落ち着いた印象になり過ぎてしまうことも。
ツイードやリネンなど、凹凸のあるそ素材のものを選ぶと、
コーディネートにメリハリを付けやすく、おしゃれ感もアップです。
どんなボトムスとも合わせやすいのは、腰骨くらいの丈のもの。
肩が合っているかどうかも注意して選んでくださいね。



そごう 横浜店
4Fコーディネートステーション
TEL.045-465-5592

   

 

1. 初夏の装い[2014.4.27掲載分]

=明るい色で華やかに変身=

記事をクリックすると、大きくしてお読みいただけます。

● 今回のポイント ●

スカートに苦手意識のある方にお勧めしたいのは、タイトスカートです。
パンツ向けのトップスにも合わせやすく、バランスも取りやすい、
裾が少し絞られているデザインのものを選びましょう。
丈は膝に少しかかるぐらいがベストです。
それより長いと、ヒールの靴が必須になり、バランスを取るのが難しくなります。
ジャージ素材のものもたくさん出ているので、そこからチャレンジしてみてもいいですね。



そごう 横浜店
4Fコーディネートステーション
TEL.045-465-5592