今の自分に似合う服

 
スタイリスト植村美智子の1冊目の著書、
『「今の自分」に似合う服』ですが、
出版社の都合により、単行本をご購入いただくのが難しい状況となっております。
 
ご希望の方には、単行本(新品)をこちらから定価でお譲りいたしますので、下記フォームよりご連絡をお願いいたします。
 (Liltin'を利用されたことがない方にもご購入いただけます。)

今の自分に似合う服

 
  内容紹介
  「おしゃれの悩み」はなぜ起こる?
  コーディネートがしっくりこない、着こなしに関する「もやもや」を、
  スタイリスト歴20年の著者が、ていねいに解きほぐします。
  「自分でできるワードローブチェック」詳細解説付き。
 
  単行本(ソフトカバー):128ページ   

  発売日:2015/10/15            

  
 
スタイリスト植村美智子の1冊目の著書、
『「今の自分」に似合う服』ですが、出版社の都合により、単行本をご購入いただくのが難しい状況となっております。
 
ご希望の方には、単行本(新品)をこちらから定価でお譲りいたしますので、下記フォームよりご連絡をお願いいたします。 (Liltin'を利用されたことがない方にもご購入いただけます。)

今の自分に似合う服
内容紹介
「おしゃれの悩み」はなぜ起こる?コーディネートがしっくりこない、着こなしに関する「もやもや」を、スタイリスト歴20年の著者が、ていねいに解きほぐします。「自分でできるワードローブチェック」詳細解説付き。
 
単行本(ソフトカバー):128ページ  

発売日:2015/10/15

はじめに
 
スタイリストとして独り立ちし、ちょうど20年になります。ファッション誌の仕事をメインに、テレビ・広告などで、モデルやタレント、ミュージシャンの方々とお仕事をしてきました。そして「きっと向いていると思うよ!」と、友人のすすめにより、5年前に「リルティン」という、個人の方向けの、ファッションコーディネートサービスの仕事も始めました。5年間で約250人の方々にお申込みいただき、ありがたいことにリピーターの方も多く、たくさんの嬉しいお声をいただいています。
 
この個人向けのコーディネートサービス、いわゆる「パーソナルスタイリング」というのは、日ごろから抱えている「ファッションに関する悩み」を相談できるサービスで、その方に似合う、その方だけのスタイルを一緒に探し当て、悩みを解決していくものです。個性を生かし、魅力をアップさせるスタイルを作るという意味では、タレントさんやミュージシャンの方々のスタイリングをする仕事と似ています。
 
「リルティン」には、「ショッピング・ツアー」と「ワードローブチェック」、ふたつのメインメニューがあります。どちらも最初に60分のカウンセリングを行い、雑誌や資料を見ながら、その方のおしゃれについて、いろいろお聞きしていきます。直接会ってお話をすることで、その方の持っている雰囲気を理解し、長所を生かすスタイルをイメージしていきます。
「ショッピング・ツアー」では、お客さまと一緒にお買い物に回ります。先にお店をリサーチし、あらかじめ似合いそうなものをリストアップ。その後お客さまと合流し、どんどん試着していきます。まわるお店はご予算やご要望に合わせて決めていきますが、だいたい10軒、多いときは20軒まわることもあるでしょうか。
「ワードローブチェック」では、お手持ちのアイテムを拝見し、手放すべきアイテムを選別。今のその方に必要なアイテムだけのクローゼットをお作りします。その中からコーディネートを組んでいくと、足りないアイテム、あれば活躍しそうなアイテムなどが分かりやすく明確になっていきます。
 
この仕事をしていくうちに、強く実感したのは、おしゃれをする上で、答えはひとつではないということ。雑誌やテレビでは、その年の流行を紹介し、「おしゃれの正解はこれ!」と提案しているように見えますが、人の個性はそれぞれ。「誰にでも必ず似合うスタイル」というものは存在しないのです。そのときの世の中やファッションの流れで、「おしゃれに見えやすいスタイル」はあるかもしれませんが、それを着てみたところで、「おしゃれな人」にはなれません。横並びでみんなと一緒で安心するのもいいですが、それ以上に、「自分に似合っているか」ということのほうが、ずっと大切なことだと私は思っています。仕事で実際に、数人のお客さまに同じアイテムをおすすめすることがありますが、コーディネートが同じになることはありません。必ずその人らしい着こなしを提案するようにしています。
 
この5年で、いろんなタイプの方と接してきました。10代の学生さんや20代のOLさん、30代のフリーランスの方や40代の公務員の方、50代の主婦の方など。年代も職業もいろいろで、男性のお客さまもいらっしゃいます。中でもとくに多いのが、30代後半から40代の女性のお客さま。相談内容はさまざまですが、共通してお持ちなのが「今の自分のスタイルは正解なの?」という疑問です。若いころのおしゃれにとらわれ、その年代にふさわしい、「今の自分に合うおしゃれ」になかなかスイッチできず、「変えたい」「でもどうしていいか分からない」と、もやもやとした不安を持っているのです。
 
本書では、そのもやもやの正体を突き止めるための、さまざまなヒントを散りばめてみました。読んでいて、ハッとしたもの、ピンと来たものがあれば、それがファッションを変えるためのヒントになるかもしれません。おしゃれは本来楽しいもの。その楽しさは、もしかしたら、とらわれていた自分の殻を、取り払うことから生まれるかもしれません。この本が、手に取ってくださった方々の「今の自分に似合う服」が見つかる手がかりのひとつになれれば、こんなにうれしいことはありません。

 
 
 
 
 
 

 

 

 
 
 
 
 
 
 

 
クリックすると拡大してご覧いただけます。